福岡県糟屋郡新宮町の歯科│くすのき歯科医院

ヘッダーロゴ

入れ歯について

歯を失ってしまった部分を補う方法の一つです。取り外し式の人工歯で補う方法です。

種類

部分入れ歯(パーシャルデンチャー、局部義歯)と総入れ歯(フルデンチャー、総義歯)があります。

部分入れ歯
総入歯

費用

保険適用の場合(3割負担)

  局部義歯 5千円〜1万5千円程度

  総義歯  1万円程度

保険適用外

  局部義歯  5万円〜20万円(税別)

  総義歯   27万円〜(税別)

いい入れ歯が、あなたのお口に違和感なく適合する入れ歯だするならば、それだけ費用は高くなるのはもちろんですし、治療で拘束される時間も多く必要です。

お金をかけさえすれば、自分にあった入れ歯ができるいうわけにはいきません。
歯科医師やスタッフとよく話し合って納得してから選ぶほうがいいでしょう。

期間

お口(歯と歯茎)の型を取る
  ↓
噛み合わせの位置を決める
  ↓
歯の並び方や適合を確認する
  ↓
装着する(いちおう完成となりますが、しっくりくるにはここからが大切です)
  ↓
装着後のようすを細かく聞きながら、不具合を調整する(数回以上かかります。)

当院では、かみあわせの調整や外形の膨らみ具合などに気を配りながら、違和感の少ない入れ歯になるよう調整を繰り返します。
入れ歯はお口の型をとって作るので、初めからほぼほぼあっていますが、ちょっとした違いでもお口の中では大きな違いとなります。
また、ひと通り調整が終わったあとも、逆にお口の方にも変化があるためアフターフォローは欠かせません。
月に1回程度は入れ歯の洗浄がてら調整に来院されることをおすすめいたします。

当院では、噛み合わせにこだわり、より噛みやすい義歯へと調整を繰り返します。
当然作り物なので、微調整は必要です。入れた後もアフターフォローいたしますので、調子がいいからといってそのままにしないで、メンテナンスにお越しいただいております。

義歯でお困りの方は、一度ご相談にお越しください。

義歯ブログ