福岡県糟屋郡新宮町の歯科│くすのき歯科医院

ヘッダーロゴ
メインビジュアル
メインビジュアル
今、歯並びや呼吸方法に問題のある子どもが増えています!
この「子どものすこやかな未来をつくるお口の育て方」は、お子さんの普段の呼吸法や歯並びで悩む保護者のため、そして何より子ども達の未来の健康のために作りました。 今回ご紹介するのは、世界でも約100歯科医院(2016年現在)でしか治療できない最先端矯正「RAMPA(ランパ)」です。
詳しくは中面でもご紹介しますが、正しい呼吸をする事で正常なあごの発育、気道の確保によりあるべき場所に歯が並ぶというものです。
見た目の美しさはもちろん、健康な体作りが出来るのです。 まずは、お子さんのお口の状態をしっかりとチェックし、気になったことがあれば早めに当院までご相談ください。
お子さんが一生が健康ですごせるよう、くすのき歯科医院はスタッフ一同しっかりとサポートしてまいります。
こんなことをしていませんか?普段のクセのチェック
見た目で気になることはありませんか?見た目のチェック
RANPAが出来るのは6~12歳くらいまで!
顔の歪みが解消され息苦しさが軽減される!
最終的に目指す3つの事
RANPAをするにあたりご家族の協力が必要です
矯正治療を始めるお子さんにとっては不安がいっぱい!
だからこそご家族の協力が必要です。当院では、ご家族と歯科医が連携してお子さんの不安を解消し、しっかりとサポートしていきたいと考えています。
決して無理に治療を勧めることなく、皆様の気持ちに寄り添いながら医師として最もよい方法を見い出しご提案いたします。
キャラクター
これらの症状はなぜ起きるの?
それは…”あごの発育不足によって正しい呼吸が出来ていないから”です。(専門的に申し上げますと、上顎骨の発育不足による呼吸障害)呼吸は5分止まると死んでしまいます。そのために人間は必死になって酸素を取り入れようとします。その時に「歯ぎしり」や「いびき」「食いしばり」などが起きるのです。
そこでご紹介するのがRAMPAです
RAMPAは特殊な装置で上顎の骨を成長させ呼吸を改善するという治療です。 顎が正常に成長することで呼吸が改善し、”自然に歯が並ぶスペース”も生まれます。だからこそ呼吸を改善しないで歯を並べてもいずれはまた元通りの悪い歯並びに戻ってしまうというわけです。
RAMPA矯正の考え方は…
流れ
流れ
よくお聞きする患者様からの質問
Q1.治療期間はどのくらいかかりますか?
A1.お子さんの年令や歯並びの状態により、使用する矯正装置によって個人差はありますが、少なくとも12歳臼歯が生えてきて安定するまでの間は経過を見ていきます。
Q2.通院は何回くらいですか?
A2.基本的に治療は月に2回のペースで来院していただきます。装置や調整やお子さんの成長の仕方によってはそれ以上に通院が必要な場合もあります。安定すれば1ヶ月のペースで様子を見ます。
Q3.治療中はワイヤーを使用しますか?
A3.この治療は、あごの骨が主な治療対象になります。歯列矯正のためワイヤーを長期間にわたって使用すると舌や口唇の位置、機能を悪化させ、顎顔面の成長発育を阻害してしまう危険性があります。ワイヤーを絶対に使用しないというわけではありませんが、使う場面や時間は非常に限られています。
診療時間

※診療受付:(月~金)18:00まで (土)12:30まで

祝日のある週は水曜午後も診療いたします。

休診日:日曜・祝祭日・お盆・年末年始